無銘刀

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索

■1624 / 親階層)  NO TITLE
□投稿者/ 9月期の読書余論<8> -(2018/09/25(Tue) 07:12:09)
    ▼『武田泰淳全集 第十二巻』S47
     ユーモアの中国語は幽黙。
     天の概念は殷代に無く周代に始まる。
     辰野隆によれば谷崎は東大の国文学科を半途で退き、文名をかちえるまで、貧乏生活を送っていたが、苦労から生じた卑しさが微塵も無かったと。
     南方伝来の仏典である『本生経』には、仏が出現するための三つの予告が記されている。
     中学の先生いわく。水滸伝は人物の欠点まで描いているから八犬伝より面白いのだと。
     私は学生時代、数回留置場に入りましたが……(p.121)。

     東条は「たしかに戦時中、あたかも自己が最強者であるとともに最善者であるが如くふるまい得た」「東条的支配力より、更に強力な民主国家の支配が出現して、彼を打ち負かさなかったならば、その当時の狂心的国民心理にとって、彼は依然として善そのものの如く存在し得た」(p.130)。

     人間の幽霊が無力だから、日本の庶民は、猫の化け物を発明して、猫に復讐を託した(p.131)。
     魏晋から唐末にかけての民話を集めた『太平広記』。人が豚や犬や牛に変身する。インドからこのような思想が伝来したのだ。
     社会が善悪を審判することを諦めたために、宇宙的動力によって何とかそれを解決しようとした。
     弱者が動物に生まれ変わったという説を流行らせることで、権力者を怯えさせようとした。

     S21春に鹿児島まで引き揚げてきた。
     S22に北大の文学部に就職が決まった。

     青森から連絡船にのり、函館で上陸すると、DDTの白粉を頭髪や服にふきかけられる。済むと、右手甲に紫インキでゴム印を捺される。
     戦中は、点呼のさいに在郷軍人の徽章をつけ忘れているとひどい目にあった。

     火力発電所に供給するための北海道炭の増産が、優先されていた。
     燃料不足で11月に入ると教室では指がかじかんだ。
     炭坑ではコメは十分だが副食が何もない。脂肪分を得るために、カラス、ネズミを狩猟することも。
     古い親分制度が活きている。
     軍需工場の入り口には、白鉄かぶとの日本人MP。1人は自動銃。1人は女性。

     死なう団は、宮城前広場や増上寺門前で割腹して生命を絶った(p.215)。

     酒田に入ったら本間を呼びすてにしない方がいい。余目[あまるめ]は反本間派の中心地であるから、そこに立ち寄ったことは口に出さぬ方がよろしい(p.229)。

     ある庄内人。1町2反を作って、収入が5万円。その四分の一は税金その他でなくなる。これでは縮小再生産になる。標準反収は3石7斗で、それ以下だと上等の百姓とは言われない。それでも苦しいが。

     この辺から警察予備隊に入った者は、だいぶ、逃げ帰ってきた。
     農地解放で土地をもらった百姓が、それをそろそろ売りに出しはじめている。
     雌豚はいちどに12匹を産めるものの、全部に授乳すれば母豚は痩せ細る。

     硫安肥料だけでは土が酸性化してしまう。中和するために石灰窒素の需要が高い。

     熔成燐肥は雨で流出しない。毛根が分泌する酸で溶け、吸収される。
     酒田市の商工会議所の楼上に、戦犯裁判の法廷が、名所としてそのまま保存されている。石原莞爾は数十分、証人としてそこにいた。大川周明はそこで講演したという。

     郭沫若は、蒋政権の圧迫をのがれて日本へ亡命し、抗日統一戦線が結成されるや日本から脱出した。

削除キー/

前の記事(元になった記事) 次の記事(この記事の返信)
親記事 返信無し
 
上記関連ツリー

Nomal NO TITLE / 9月期の読書余論<8> (18/09/25(Tue) 07:12) #1624 ←Now

All 上記ツリーを一括表示 / 上記ツリーをトピック表示
 
上記の記事へ返信

Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索

- Child Tree -