無銘刀

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索

ツリー一括表示

Nomal 国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の.. /「史実を世界に発信する会」 (16/10/01(Sat) 08:08) #1554


親記事 / 返信無し
■1554 / 親階層)  国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘 第10回 
□投稿者/ 「史実を世界に発信する会」 -(2016/10/01(Sat) 08:08:40)

      国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘

     ジュネーブ国連派遣団報告(自由社)

      藤岡信勝編著

    第10回:第四章 初めての委員会発言で国連に風穴を開ける

    第2次派遣・ジュネーブ国連代表団(2015.7)

     第4章は、2015年7月に第2国連次派遣代表団が、「女子差別撤廃委員会」に参加し、二人の女性代表がNGO正式メンバーとして発言し、それが委員長に「慰安婦問題で、もう一つの見方があるとは初めて知った」「精査する」という発言を引き出したことを扱っております。この結果日本政府が、翌年4年3月のいわゆる杉山発言を国連で行うことになったわけで、大変な成果となりました。
    この章は2つのパートから成り立っています。

     1、国連での日本の巻き返しが始まった(藤木俊一)

      委員会の仕組み、委員会への出席NGO(左派、代表団)の状況、二人の発言とその結果、他が説明されています。

     2、フランス語で緊張のスピーチ(杉田水脈)

      山本優美子さんと杉田水脈さんがNGOとして2分間スピーチを行いました。その内容が紹介されていますが、杉田さんはフランス語でスピーチをしました。その奮戦記が述べられています。


[ □ Tree ] 返信 削除キー/


Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索

- Child Tree -